てすと

ウィーンの動物園で双子のホッキョクグマがお目見え

AFPBB News
2008年03月06日 00:12
【3月4日 AFP】(3月6日 写真追加)オーストリアの首都ウィーン(Vienna)にあるシェーンブルン動物園(Schoenbrunn Zoo)で4日、前年11月30日に生まれた生後3か月の双子のホッ……
≫続きを読む

ドイツで人気の人工保育で育てられる白クマ「クヌート」「フロッケ」のニュースを過去にあげていますが、今回は無事母親の育児放棄にも遭わず、すくすくと育つ小熊のニュースが届きました。おまけに双子。今回はドイツではなく、お隣のオーストリアはウィーンのシェーンブルン動物園です。

シェーンブルン宮殿には諸事情(←といっても大したことない)から2度も行っているのですが、動物園には行っていません。いや、海外で動物園は行ったことないですね。中国・北京で動物園の近くまではいきましたが。あとは、チェコのチェルスキー・クルムホスクで、城の城門下にいる熊を見たぐらいで。今度どこかの国に行ったら、動物園は行ってみよう。

しかし、そんなかわいいニュースの一方で、気になるのがこれ。
「ペンギン誘拐事件? ドイツの遊園地で行方不明に」
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2360768/2708882

なんでも、ドイツのシュツットガルト(Stuttgart)にあるWilhelma動物園のケープペンギン「Babe」ちゃんが連れ去られ、行方不明に。ペンギンは素人が飼うのは難しいらしく、Babeちゃんを心配する声があがっているようです。早く仲間のところに戻してあげてほしいですね。

ペンギン、飼うの大変なんですね。新宿だったと思うのだけど、ペンギンがいるのをウリにしている居酒屋があったような。。。

>過去にアップした関連記事
●クヌートの次はフロッケ(2008.02.02 アップ)
http://kitamocchi.jugem.jp/?eid=122
●ホッキョクグマのクヌート、1歳の誕生日(2007.12.06アップ)
http://kitamocchi.jugem.jp/?eid=122



TIPS】の最新記事