てすと

ケータイで使える「超」多言語テキスト翻訳サービス

株式会社国際電気通信基礎技術研究所(略称:ATR)では、携帯電話で利用可能な日常旅行会話を対象とした「超」多言語テキスト翻訳のモニターサービスを3月31日より開始されることが発表に。
20080328_14460820080328_144592
開発した技術を利用し、ヨーロッパ系の9言語(英、独、デンマーク、オランダ、仏、イタリア、 スペイン、 ポルトガル、ブラジルポルトガル語)、アジア系の9言語(日本、中国、韓国、ロシア、アラビア、インドネシア、マレー、タイ、ベトナム語)、併せて、18言語の間のすべての組合せ306通りのテキスト翻訳が可能ということです。
当初はモニターサービスとして、日本語と英語から17言語へのテキスト翻訳とその逆方向のテキスト翻訳、合計66通りを公開。基本は旅行時の日常会話を中心にした内容とシチュエーションは限定されているようですが、1年後の有償化を目指してインターフェースを改良して機能アップを計る模様です。

海外旅行時に使うのもいいけれど、言語の勉強にも使えるといいですね。音声でのデモ再生などの機能はないようです。

http://atr-langue.jp/smlt/

 



TIPS】の最新記事