てすと

ナルニア国物語第2章:カスピアン王子の角笛(ベン・バーンズ、ウィリアム・モーズリー)

『ナルニア国物語第2章:カスピアン王子の角笛』を観てきました。

ここんところレディースデー狙いの戦略変更か、水曜日公開(または水曜日特別先行公開)がちらほらありますね。一斉公開の2週間ぐらい前に特別公開するという戦略は『マトリックス』のときに乗っかっていまはなき渋谷東急プラザに見に行ったなぁ。。。

前作も劇場で見ました。先日テレビ放送でちょっと見たけど、やっぱり迫力が違ってちーっとも吸い込まれないんですよね。やはり世界観のある作品は劇場でどっぷりハマってみたいと思います。
内容としては、どっちかといえば前作の方が好きだけど、今回もここんところの『●●●』とか『△△△』(←自主規制)とかのはずしっぷりからすると、宣伝もそこそこで、前作を見たひとを思い出させつつ、ベン・バーンズという新星が演じるディズニー初の主役王子作品という新たな提案もしてよろしかったのではないでしょうか。

(下のほうにちょいネタばれ・・・)

予告編

最後に

二人は帰る

ってセリフがあったんだけど、誰と誰?

残り2人はまたくるの?
どーいうことだよ? 私の小さい脳みそは混乱しております・・・
原作読みまする。



CULTURE】の最新記事