てすと

エアラインの新基準

以前に「レインマンの「カンタス信仰」はもう通じないのね…」というトピックにてカンタス航空の2件連続の事故について書いていますが、またもやカンタス航空が事故。
死者はいないものの、2008年度に限っていうと、かなり高い事故率です。

アリタリア航空の経営破たんや原油高でのユナイテッドをはじめ各社が人員削減に踏み切るなど明るいニュースがないエアライン業界。
カンタスも何かあったんでしょうね・・・パイロットが未熟だったり、安いお給料の人を採用したとか。

まあ、オーストラリアに行く予定はいまのところないので、カンタスに乗らなければいけないことはないでしょうが、怖いですねぇ。。。

ちなみに、「地球の歩き方」による2008年度エアライン・ランキングは以下の通り。

1位 シンガポール航空
2位 エミレーツ航空
3位 ヴァージン アトランティック航空
4位 スカンジナビア航空
5位 アシアナ航空
6位 オーストリア航空
7位 エバー航空
8位 キャセイパシフィック航空
9位 ルフトハンザ ドイツ航空
10位 大韓航空
11位 ANA
12位 フィンランド航空
13位 タイ国際航空
14位 日本航空
15位 KLMオランダ航空
16位 マレーシア航空
17位 エールフランス航空
18位 JALウェイズ
19位 アメリカン航空
20位 ユナイテッド航空

(参照ページはここ
エアラインランキングは日経トレンディや東洋経済も出していたと思うのですが、ネット上ではデータが見つからず。

10年前に私がエイビーロードにいたときも、確かエイビーロード調べのランキングでも1位はシンガポール航空でした。
ここのところ、マイレージのこともあって主にスターアライアンス・グループを選んで乗っているので、スカンジナビア・ANA・オーストリア航空ばかり乗っています。2回の中国行きは、どちらもマイレージを使ったANA便(でも、中華系エアとの共同運航便)でした。

先日のモロッコは、パリ経由のエールフランスの機体のエールフランス&KLMオランダ航空の共同運航便でした。フランクフルト経由のルフトハンザという案もあったのですが、なんとなくエールフランスにしちゃったんですね。このランキングをみると、ルフトハンザ乗って見てもよかったかも?

日本ではジェットエアーの就航前で、ヨーロッパの1万円エアブームを利用している人が少ないだけに、「地球の歩き方」には安いエアラインのランキングを希望したいですね。安いなりの比較ポイントがあるはずよね?
いまのところ高城剛さんしか日本では語ってる人いないし・・・
ザルツブルグで会ったイギリス人グループはエアライン名は聞かなかったのですが、「超ちっちゃいのに転がるように乗ってきた」といい、頭をいっぱい打ったので気分が悪いと言ってたなぁショック

AFPBB News
2008年10月07日 18:53
【10月7日 AFP】オーストラリア当局などによると7日、豪カンタス航空(Qantas Airways)の旅客機が飛行中、高度が突然変化し、乗客乗員のうち約40人が骨折や裂傷を含む重軽傷を負った。同機……
≫続きを読む



TIPS】の最新記事