てすと

待ちきれない! ロブ・マーシャル監督『NINE』日本公開は2010年春・・・

女性を愛し、賛美しながらも、一人に心を捧げて生きることができない天才映画監督グイドと、彼を取り巻く美しい女性たちの姿を描いたミュージカル映画。
主人公のグイドに、『マイ・レフト・フット』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』でオスカーを2度も受賞しているダニエル・デイ・ルイス。
彼を取り巻く女性たちも飛んでもなく豪華です。
『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』で本国フランスだけでなく、イギリスのアカデミー賞、ゴールデングローブ賞、そしてアカデミー賞の主演女優賞を獲得したマリオン・コティヤール。スペイン出身でハリウッドでも活躍し、今年『それでも恋するバルセロナ』でアカデミー助演女優賞に輝いたペネロペ・クルス。オスカーノミネートも6度、『恋におちたシェイクスピア』では助演女優賞も獲得し、007シリーズの上司「Q」役を演じているジュディ・デンチ。ほかにもニコール・キッドマン、ソフィア・ローレンにケイト・ハドソンと人気スターが揃うところに、音楽界からブラック・アイド・ピーズのファーギー!

アメリカでの公開が2009年11月25日と、完全なオスカー狙いの日程と、賞レースへの定番ルートを確保。
さて、日本公開は・・・と思ったら、2010年春ですってよ。
まぁ、「アカデミー賞●●部門ノミネート!」とか「●●賞獲得!」なんてのがあったほうがウリにはなりますけどね・・・

製作総指揮:ライアン・カヴァノー、タッカー・トゥーリー、ボブ・ワインスタイン、ケリー・カーマイケル、マイケル・ドライヤー
製作:マーク・プラット、ハーヴェイ・ワインスタイン、ジョン・デ=ルーカ、ロブ・マーシャル
原作:アーサー・コピット 音楽:モーリー・イェストン 脚本:アンソニー・ミンゲラ 振付:ジョン・デ=ルーカ、ロブ・マーシャル
撮影:ディオン・ビーブ 美術:ジョン・マイヤー 衣装:コリーン・アトウッド
配給:角川エンタテインメント=松竹

予告編



CULTURE】の最新記事