てすと

VOCE×GIVENCHY 「新クチュールスキン体験」セミナー

昨日のお昼は、前日のお酒がちょっと残った頭を抱えながらVOCE×GIVENCHY 「新クチュールスキン体験」セミナーへ。
20090913_44673720090913_446738
9月4日に発売になったばかりのフェイスパウダー「ル・プリズム」とファンデーション「フォト・パーフェクション」をパーソナルカラーを選んだうえで、それをより効果的に使う手法を学ぶというセミナーでした。

20090913_446752_t20090913_446753_t
VOCE Girlsの殿柿佳奈さんがゲストとして登場し、メイクレッスンの見本に。
細い~、そして可愛い~。「VOCE TV」で動いているのも可愛いと思っていたけど、生は超可愛い!
(そして帰るときに助けてもらってしまいました・・・とってもいい人でした!!)

今回のセミナーではパーソナルカラーレッスンをして自分に似合う色を見つけるところから始まります。
人には大きく四季にわけて似合う色のゾーンがあって、有名人の例でいうと

●クールサマー ・・・グレース・ケリー
●ウィンター  ・・・エリザベス・テイラー
●スプリング  ・・・マリリン・モンロー
●オータム   ・・・メリル・ストリープ

というようになるそうです。
これはスタイリングなどでも実際によく使われる手法ですが、今回のポイントは「好きな色に自分を合わせる」ということ。
モデルの殿柿さんもテストではクールタイプだったのですが、ファンデーションとフェイスパウダーをウォームカラーが似合う肌に変身するという試みが行われました。

あと、ファンデーションも、薄く均一につけるのではなく、頬の上の部分などはちょっと厚めに、フェイスラインは薄めにというように、メリハリをつけることも顔の立体感を出すうえで重要だそうです。

20090913_44673920090913_446740
私の結果は、クールカラー。そこからさらに詳しく調べるとウィンターかサマーかがわかるのですが、時間の関係上この日はここまで。
ベースのACTI’MINEのブルーを混ぜて、赤みを消してクールな肌作りにトライしてみました。このベースのカラーを変えれば、ウォーム系の肌にもなれるわけです。
そこに、クールカラーのル・プリズムを使います。クールカラーの人にには「81,82,87」、ウォームカラーの人には「83,84,86」が合うそうです。フェイスパウダーの付け方のポイントは、顔の中心から外側に向かってブラシで磨くように付けるのがポイント!

お土産でいただいたのが、セミナーで使用した手鏡とヘアバンド、クールカラータイプ向けのル・プリズムの87番、フォト・パーフェクションのサンプル。
20090913_446735
それ以外にも、噂の高機能&高価格(笑)のクリーム「ソワン ノワール」とメイクオフ エマルジョンのミニサイズ、ウマ・サーマンがキャラクターの新フレグランス「ange ou demon le secret」のサンプルまでいただいてしまいました。

しかし、今回のセミナーで驚いたのが、来場者の肌が劇的にきれいだってこと。
セミナーでは目から下のメイクを落とすことから始まるのですが、皆さん肌がきらっきらっしてるんです・・・
私、VOGUEのイベントのあとも某バーで3杯も飲んでしまっての参加。化粧を落としては寝たけど・・・猛烈に反省しました。やっぱり肌は頑張れば育つんですね~

ジバンシィ
http://www.parfumsgivenchy.co.jp/

【過去にアップしたコスメネタ】
●イプサ 新ファンデーションイベントにてメイクテクを学ぶ(2009.06.25 Thursday)
●オイルじゃないリキッドクレンジング「RAFRA CLEANSING LIQUID」(2009.06.24 Wednesday)
●頂が見えないと登れないのよ(2009.06.17 Wednesday)
眉山について書いています。皆さんばっちりできてるの??
●LADY GAGAになる方法/How to be a “LADY GAGA”?(2009.06.07 Sunday)
LADY GAGA風メイクを実践するテクニックを試すアメリカ人の動画を紹介



FASHION】の最新記事