てすと

オランダのデザイナー6組による展覧会 「トレジャーハント:心を捉えるものは何?」’Treasure Hunt-Vanitas or Humanitas’ OpeningParty

今週は明日より東京デザイナーズウィークとTOKYO DESIGN TIDEがスタートするのに合わせ、都内各所でデザインの展示やイベントが開催されます。「デザイン」と一言に言っても、インテリアからテキスタイル、アート作品もパフォーマンスまで含むため、多岐にわたるお祭り状態。

一足先に展示が始まったのが、西麻布のギャラリー ル・ベインにてスタートしたオランダのデザイナー6組による展示「トレジャーハント:心を捉えるものは何?」’Treasure Hunt-Vanitas or Humanitas’

「全世界に影響を及ぼした経済不況は、私たちにとって大切なことは何か?を改めて考える機会であるかもしれません。」
というのが今回のコンセプト。
展示作品もそれぞれ個性的で一見の価値ありです。

隣人と仲良くするにはどうすればよいのか?
20091029_464789
オランダでも移民問題は深刻なようで、隣に住んでいながらも言葉や文化の違いからコミュニケーションがとれず、トラブルになる事例が多々あり、それを解決するためのデザインアイテムを作るというプロジェクトの屋台。デザインしたマルタン・エングルプレクトは、人の行動心理を観察してプロジェクトを発表するクリエイティブチームEGBGのメンバーです。

20091029_464790
隣人版ウォーク・オブ・フェーム。これでお隣さんをいい気分にさせちゃう?
20091030_464850
力技でいっそのこと・・・というアイテムも。

ほかにも面白アイテムが並んでいます。値段がついていますが、基本的に非売品。
私はアーティストの人に「面白いねー、いいねー」といったら、Tシャツとらくがき用のチョークとクッキーをいただきました。おそらく、来場者中MAX数。彼の何にハマったのかは、謎。ほとんど話してません(笑)

20091029_464793
Niels vanEijk + Miriam van der Lubbeのウォールナットのテーブル。細工が素晴らしいのですが、彫っているのはインドネシアの技術者だそうです。
20091029_464795_t20091029_464796_t
左側が彫ったもの、右側が彫る指示が入った状態となっています。

この作品の裏テーマとして、インドネシアの技術は素晴らしいけれども、インドネシアから出荷される家具は膨大にあるのですが、戻ってくる船はカラッポ・・・。その燃料の無駄を活用し、アメリカからウォールナットを運び、制作しています。

20091029_464794
ベルトヤン・ポット”リヴォルビング・シャンデリア”
Bertjan Pot”Revolving Chandelier”

20091029_464792
ストゥディオ・ウィーキ・ソマーズ ”チャイニーズ・スツール”
Studio Wieki Somers”Chinese Stools”

20091029_464791
オランダのデザイナー6組による展覧会

「トレジャーハント:心を捉えるものは何?」

‘Treasure Hunt-Vanitas or Humanitas’

10/27(tue)-11/13(fri)

11:00-19:00(最終日は16:00まで)

月曜定休 入場無料

※11/2休廊

ギャラリー ルベイン



FASHION】の最新記事