てすと

Beers for Books御礼&Graziaに礼子さん♪

もう数日過ぎてしまいましたが、Beers for Booksの1周年パーティは無事終了いたしました。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!

「目標来場者数は500人!」と聞いたときには「ええ、大丈夫なのー?そんなに集まるの??」と思っていました。
Room To Readのメディア露出も増え、認知度はこの半年で急激に上がっています。普段のBeers for Booksも毎回盛況のようです。

でも、500人ですよ?
八芳園借りちゃったらしいよ?
どーすんのよ??
なんて正直思ってました。

しかし、実際にはなんと! 600人強の方々に来場いただきました。
もちろん、John Wood本人が来場するから、ってのが大きかったと思います。でも、もちろんそれだけではなく、ゲーリーさんをはじめ、この1年頑張ってきた皆の活動を応援しての気持ちもあったはず!

これに加え、協賛企業からご提供いただいた商品が当たるラッフルを販売し、その収益もすべて子供への本の提供に使われます。

さて、ここで裏話。会場にいた方、途中から下手な日本語のアナウンスが流れませんでした? それまでは男性による英語でのアナウンスだったのに・・・。
あれは実は、私でした。プライベートで来場された某雑誌の超人気モデルの方からその日つけていた指輪をご提供いただけることに! 本当にはずしたてのほやほや!!(←なんかオヤジっぽくてすみません)
残り30分で告知し、かつまだ買っていない人はもちろん、その方のファンの人に追加でラッフルチケットを買ってもらいたい!! その一心でマイクを握ってしまいました・・・。

「これを失くしたら、死んでお詫びするしかないね」

と、商品をお渡しするまで心臓がきりきりした1時間でした。。。

なんとか無事に終わってよかったです。
急きょスタッフ参加したのですが、ちょっとは役に立てたかな・・・
そんなことを思いつつ、帰宅し、原稿をしこしこ書いていたのでした。

当日ラッフルチケットを一緒に売っていた美女、今尾礼子さんがGraziaに登場していますラブ
20100306_508413
テーマは「社会貢献って楽しい!」

まさに、その通り!
立読みでもいいので、ぜひ手にとって読んでください。

あほほど飛び回っているきたもとごときにもできるのですから、きっとあなたにも何かできるはず。
そんなきっかけになる言葉が詰まったインタビューです。



TIPS】の最新記事