てすと

第3回したまちコメディ映画祭in台東 コメディ短編作品&サポーター募集

「第3回したまちコメディ映画祭in台東」(通称したコメ)が今年は9月16日(木)から20日(月・祝)に開催されることが決定。それにともない、コメディ短編作品の募集と運営をサポートしてくれるスタッフを募集しています。
20100507_526398
東京国際映画祭など、映画祭の運営はボランティアスタッフにより支えられ、なんとか運営を実現しています。
映画祭を継続するための大きなキーは、上映作品やスターが登壇するという要素も大事ですが、成功を決めるのはそれを支えるスタッフの動きにかかってます!

この映画祭は期間も短いですし、初めての方でも参加しやすいと思います。
ご興味のある方はぜひ問合せを!

—————

2008年11月、日本初の国際コメディ映画祭として、浅草在住のクリエイター、いとうせいこう氏を総合プロデューサーに迎え、コメディ発祥の地・浅草と芸術・文化施設が集合する上野を舞台に初開催。昨年9月には第2回が開催されました。オレンジ通りに敷かれたレッドカーペットには、哀川翔氏や、コンペ審査員の岸本加世子氏らが登場。クロージングセレモニーではコント55号の萩本欽一氏、坂上二郎氏が2人そろって登壇し、会場を沸かせるなど、来場者8万8千人以上を集めて大成功を収めました。

今年も、昨年に続き、優秀な短編コメディ作品を選出するコンペティション部門「したまちコメディ大賞2010」を実施します。昨年は207作品を集め、選ばれた10本の作品が、浅草中映劇場で満席の中一挙上映されました。今年は映画監督の金子修介氏や、第2回したコメのメインビジュアルを担当した五月女ケイ子氏らが審査員を務めます。他にもユニーク度をアップさせるべくさまざまな企画を進行中です。

今年も総合プロデューサーを務めるいとう氏は「またまた『したコメ』がやってきます。今回は”映画×したまち×笑い”という基本テーマに”音楽”をプラスして、より強力に! また、サポーターを始めとする協力者の方々とともに大好評のコンペも拡大し、国際ゲストも招聘しながら世界最先端のコメディ映画祭を繰り広げます。どうぞご参加下さい!」とメッセージ。

サポーター活動を通じて、関連メディア、映画宣伝、文化芸術、ビジネス、 国際文化&コミュニケーションなどを学ぶことができる好機会もゲットできそう!?

詳細は、同映画祭オフィシャルサイトへ。
したまちコメディ映画祭オフィシャルサイト  http://www.shitacome.jp/2010/

 



TIPS】の最新記事