てすと

荒木 経惟 「古希ノ写真」のち、新宿ミステリーツアー

気が付けばもう数日経過してる…
25日は夕方からが1人ツアー状態で、すでにアップしたSHOKAYの出版パーティにいって、そのあとに同じ表参道ヒルズで開催されていた「mobile TIDE 2010」を観て、清澄白河のタカ・イシイギャラリーへ。

この日は17時から写真家の荒木経惟氏の「古希ノ写真」展のオープニングが行われていたのですが、荒木氏は早々に退席されていて、会場の人もまばら。
20100530_532865
「古希ノ写真」のというタイトルからは、人生の一区切り的なことがテーマなのかと思いきや、さにあらず。
入口すぐの連作は、今旬のLADY GAGA様。

告知に使われていたのが愛猫チロの遺骸だったので、全体的なテーマがこれまでの人生の別カットとかその後なのかと思っていたのだけど・・・

作品集「古希ノ写真」は販売価格7,350円で500部限定で発売されています。
掲載作品310点(カラー作品300点・モノクローム作品10点)、B4変形判H316xW261mm

荒木 経惟 「古希ノ写真」
~6月5日(土)

Nobuyoshi Araki
“Koki No Shashin : Photographs of A Seventy Year Old”
–June 5, 2010

「70は写真の入り口、100まで生きねば写真が撮れぬだろう」荒木 経惟
“70 is the entrance to photography. If I don’t live till 100 I won’t be able to take photographs.”
Nobuyoshi Araki


http://www.takaishiigallery.com/jp/exhibitions/2010/koki/

その後、会場で久々に会ったヨーコさんとお友達たちと一緒に新宿ツアーへ。
どうやらヨーコさんには新宿で行きたいお店のプランがあって、それを実現する旅に出たのです。

まずは、新宿のカフェバー「Le Temps」へ。
20100530_53281920100530_532820
このお店にはイラストレーターの宇野亜喜良さんが描いた壁画があります。
みんなでうっとり。食事もカフェバーながらシェフがいて、全部おまかせにしたのですがお肉もパスタも美味しかったです。
20100530_532821
レフ板をあてながらなぜか撮影…。撮影されているのは『アラキメンタリ』(Arakimentari)監督のトラヴィス。

20100530_532822
ヨーコさんと一緒に♪

その後、2人とはお別れして、4人で新宿ゴールデン街へ。
こちらもヨーコ隊長ご所望のまま、さまよいながら到着。
20100530_532890
20100530_532824
20100530_532823
日本映画トークに花が咲く。

こうして私の5月25日の長い長い一日が終わったのでした。。。



ART/DESIGN】の最新記事