てすと

ITPro Magazine EXPO版 2010年秋号「特集2:iPadだけじゃない電子書籍の今」記事執筆しました

IT Pro Magazine最新号にて記事を取材・執筆いたしました。


2010年10月1日発行
A4変型判、84ページ
無料(リクエストによる送付)

今回扱った「電子書籍」というジャンルは、まさに今旬。
一方で毎日新たな発表があり、まさに現在進行形のため、非常にあいまいな部分も多い内容です。

担当編集氏の理解も望むものも私とは大きく違い、正直もっとなんとかしたかったなといまでも思っています。彼が譲れないところは受け入れつつも、私が命を賭けても譲れないところはひとつひとつ、「これはこういう理由だからこう書かなきゃならない」「こうしてしまうとこの記事自体の信用度がなくなる」と赤字をいれた理由をメールにしたため、赤字をいれたゲラをスキャンして送り、電話で説明。それでも直っていなかったらまた電話してまた理由を伝えて…
これまでで一番担当編集さんとバトルになった原稿ではないでしょうか。戦い抜いて脱力したせいか、まさに「真っ白に燃え尽きたよ…」状態に風邪でやられたのかも?(笑)
Oさんもお疲れ様でした。

今回取材したなかで感じたのは、「電子」という場はiPadを始めとする新たな機器は出版界の編集者に光明を与えているのではないかということです。
同じ電子の世界でも、インターネットのときは「読者を盗られている」という感覚だったのが、新しい機器のジャンルでは「何か面白いことができる」と感じているのです。

本記事中ではヒット作を担当した書籍編集者で電子書籍に挑戦したお二方の事例を取り上げました。
いずれも新しい場を使い、電子書籍だからこそできることを実現しただけでなく、「新しい収益の確保」するビジネス面でも成功させています。

無料で入手できるので、ぜひご一読ください。
11月以降の予定ですが、電子書籍としても配布予定です。

IT Pro Magazineについて(HPより引用)
ITpro Magazineとは、日経BP社のコンピュータ/ネットワーク関連媒体が総力を結集して作り上げる、新しいタイプの雑誌です。第5号となる「EXPO版 2010年秋号」は、これからのIT業界を展望する3大特集をお届けします。「特集1:クラウドが支えるスマートシティ」「特集2:iPadだけじゃない電子書籍の今」「ITpro EXPO 2010/Security Solution & ERM 2010見どころ解説」を掲載します。

特集1は、社会インフラに焦点を当てます。電力、医療、交通などの社会インフラにITは欠かせない存在になっており、実際それに関連した案件が増えています。ITを活用した未来の町づくりを研究するスマートシティの実証実験をレポートするほか、これからのITの役割やそれを支える技術を解説します。

特集2では、盛り上がりつつある電子書籍を取り上げます。一口に電子書籍といっても何種類ものプラットフォームがあり、ITベンダーやメディア関連事業者が覇権争いにしのぎを削ります。現在の米国の動向、日本の動向をそれぞれ解説します。

特集3は、エンタープライズICTの総合イベント「ITpro EXPO 2010」「Security Solution & ERM 2010」の各展示会の見どころを紹介します。恒例の「メインシアター」「ITpro EXPO Award」のほか、「クラウド基盤ホットステージ」「テクノロジー最前線」「セキュリティ・オープン・ラボ」といった新しい企画を多く取り上げます。

さらに、展示会終了後には、特集や展示会の模様などを収録したITpro Magazine 電子書籍版を作成します。次世代の規格であるHTML5を駆使し、Webの表現力を追求します。注目記事が満載のITpro Magazine。ぜひご覧ください。

ITpro Magazineは、10月18日(月)~20日(水)に開催されるITpro EXPO 2010展示会に事前登録していただいた方に無料でお届けします。ITpro EXPO 2010への事前登録は、こちらからお申し込みください。



WORKS】の最新記事