てすと

ショコラティエ・エ・キャラメリエ「アンリ・ルルー」新作先行テイスティング会【前編】/Caramelier et Chocolatier “HENRI LE ROUX”New chocolate tasting Part1

いよいよ、スイーツ界の大祭典、バレンタイン! …ではなく、サロン・デュ・ショコラの季節が巡ってきましたよー!

フランスのショコラティエ・エ・キャラメリエ「アンリ・ルルー」からも、新作や、サロン・デュ・ショコラ東京限定の商品が登場します。

ひと足お先にチェックさせていただいたので、ご紹介しまっす!

<タブレットTablette:ユズマッチャYuzu Macha>

20120120_1003072

昨年フランスにて行われた「サロン・デュ・ショコラ パリ2011」にてイノベーション(革新)賞を受賞したのがこちら。
アンリ・ルルーが創業以来、初めてホワイトチョコレートを使ったアイテムに取り組みました。2010年の創業者アンリ・ルルー氏の引退に伴い、2代目のショコラティエ・エ・キャラメリエに就任したジュリアン・グジアン氏による新作です。

20120120_1003073

高知県産のフレッシュな柚子と抹茶パウダーを使用。
水分を持つ柚子と油分であるチョコレート、そして抹茶パウダーを混ぜるというかなり技術的な苦労があったそうですが、そのマリアージュは絶品!
甘ったるくなく、それでいて柚子の酸味とかすかな苦味が感じられるチョコです。

2012年1月25日発売、900円。

<ショコラショーChocolat chaud:ユズマッチャYuzu Macha>
20120120_1003074

サロン・デュ・ショコラ東京限定でいただける、ショコラ・ショー(ホットチョコレート)。
会場では残念ながら座席での提供ではないそうです。まぁ、あの混み方だと危険だよね・・・。

<ボンボンショコラBon Bon Chocolat:アンナAnna>
20120120_1003075

アンリ・ルルーのボンボンショコラの名作に「MITSUKO(ミツコ)」というものがあります。
マジパンに紅茶を使っているボンボンショコラなのですが、それに新しい解釈として紅茶の代わりにほうじ茶を使い、ガナッシュと合わせています。
アクセントに入っているアーモンドは、南フランスのプロヴァンス産。

20120120_1003079

中はこんな感じ。

表面には「○」のマークが、日本限定で入っています。

そう、欧米では「×○×○」と書くと、「キス・ハグ・キス・ハグ」という意味があって、好きな人へのメッセージの最後に付けるのです。

ということは、×は・・・?

後編に続きます。

【食関連のトピックス】
●明日オープンの丸の内タニタ食堂でお先に食べてきたよ!(2012.01.10 Tuesday)
●精肉店と焼肉、しゃぶしゃぶのビル!「肉のたじま」/meat shop and restaurant “NIKU NO TAJIMA”(2012.01.08 Sunday)
●青山だけど、蛸あざぶ。(2011.12.28 Wednesday)
●焼きたてパニーニ専門店「cafe de la ville Panini」がオープン(2011.12.01 Thursday)
●東京駅と日本橋の間「八重仲」に新しく誕生「八重仲ダイニング」プレビュー(2011.11.23 Wednesday)
●恵比寿横丁で新スタイル横丁飲みデビュー(2011.11.15 Tuesday)
●渋谷の大人レストラン神南軒で1000円ハヤシライスランチ!(2011.11.03 Thursday)



FOOD】の最新記事