てすと

ヤラセ記事につき1本6万円?本当かうそか、そしてネット記事のあれこれ。

いま話題になっているのがこちら。

You Can’t Put A Price Tag On A TechCrunch Post(Thursday, November 8th, 2012 on TechCrunch)

詳しくは、日本語で要約しているPRFREAKのサイトを読むのがわかりやすいでしょう。

米TechCrunchがPR会社に激怒、「TechCrunchの記事掲載料は約6万円、若干人気が劣るブログなら約3万2000円」
http://blog.prtimes.co.jp/yamaguchi/2012/11/techcrunch_pr/

さらに要約すると、PR会社がクライアントに対し、ネットニュースのサイトに掲載されるのには6万円払ってね、ってオファーをとっていたってこと。

まぁ、成果報酬型として、「ニュースサイト1つに載るごとに6万円」ってのならば、なんとなくわかります。掲載されるまでに、特定の記者に対して商材の良さや特性について会社に代わってPRするわけですから。
でも、そのお金が「記事になるために、記者に渡さなきゃいけない」となったら話は別。

そもそも、ネットニュースサイトには、雑誌でも同様ですが、「記事広告」なる枠があるわけです。それは記事になることを約束したうえで取材され、原稿チェックも発生する。その変わり、PRなどのアイコンをつけて読者に対して「これは広告記事です」と告知され、他社のサイトへの配信は除外されています。(←すべてのサイトがそうとは言い切れませんが。)

広告記事ではなく、純粋な記事に広告記事の要素が強いネタが入り込むのは、読者にとっては騙されていて、ニュースサイトにとっては倫理上の問題だけでなく、お金を払って記事広告を出している企業離れも起きてしまいます。

これに対し、PRserveのホームページにて反論。

20121112_160804

「It is important to note that PR firms are not charities. We do need to charge for our services and expertise in order to keep our business running.」

さて、真相はいかに?



TIPS】の最新記事