てすと

メンズだけどくせになる香りで愛用中 NUIT D’ISSEY / ISSEY MIYAKE new fragrance “NUIT D’ISSEY”

商品の発表会に幅広いジャンルで伺っていますが、とても素敵だったのがこちら。

イッセイミヤケの本社で行われた、新作香水の発表会。

I joined to press conference at ISSEY MIYAKE office in Japan.

20141028_688661

1日3回開催され、指定の時間に伺うとビルのなかの一角で待つのですが、この時点でワクワクするの。青の世界に

そして、こののち、東京のネオンサインや光る交通標識、工事現場のサインなど、車で通るときに見える光景をちりばめた映像作品が上映され、青から暗くなり、夜の世界へ誘われました。

・・・どこかで公開していないのかしらん?

そして、ドアが開き、広いホールへ。

20141028_688650

夜の世界で流されたのが、このムービーでした。

今回発表されたのは、イッセイミヤケのメンズフレグランス「NUIT DE D’ISSEY」。

New men’s fragrance from Issey Miyake,NUIT DE D’ISSEY.

20141028_688665
20141028_688666

「夜の暗闇の中に刺す光」という発想からうまれた香水は、フランス・パリ生まれのドミニク・ロピオンとベトナム・サイゴン生まれのロック・ドンという異なるバックグラウンドを持つ人気調香師によるコラボレーションで誕生。

トップノートはみずみずしい柑橘系。優美なベルガモットとフレッシュな弾けるグレープフルーツではじまります。

私は柑橘系の香りが正直いって苦手なのですが、この香水はベルガモットのマイルドな、まさに夜の帳が降りるようにやさしい香りで包み込まれているので、かなり好きです。ツーンとくるようなネガティブな方向の柑橘系ではありません。

ミドルノートは、なめし皮のようなレザーノートがスパイシーなブラックペッパー、ウッディーなべチバーをお伴にレディースとは違う神秘的な深みを生み出しています

最後にやってくるラストノートでは、はじめての出会い。

トンカビーンという甘い香りが最後の余韻をもってきます。

一昔前の「夜」というと、プワゾンとか、自己主張の強い「威嚇系」とでもいいましょうか、パンチのあるもののイメージでした。でも、この夜は、静寂ではないけれど、かといって朝まで遊び狂うわけでない、大人の夜の過ごし方。

もちろん、夜という名前がついているからといって、日中につけちゃいけないわけじゃないですよ。

20141028_688667

また、このボトルが素敵なんです。キャップ部分とボディでは、違う黒の質感。さらに、ボディでは、中央に水面に反射する月光と光輪が表現されています。

20141030_689321

ぜひ店頭で触ってみてほしいのですが、プリントではなく、ガラスのボディーに刻まれているので、手でもその漂う香りのイメージが伝わってきます。

20141028_688664

10月8日発売したばかりの香りは、男性はもちろん、女性にも試してほしい! もちろん、私はヘビロテ軍に入れています~

11月5日はコフレも発売。

「NUIT DʼISSEY ニュイドゥ イッセイ クリスマスコフレ」¥7,560はニュイドゥ イッセイ オードトワレ 75mL(現品サイズ) / シャワージェル 50mL / アフターシェイブバーム 50mL のセットです。

お値段7,560円で、おまけもついているので買うならこれでしょー。

NUIT D’ISSEY
http://www.isseymiyakeparfums.com/ja/fragrances/nuit-dissey

※写真 2、3、5、6、7のみ(C)2014 BEAUTE PRESTIGE INTERNATIONAL Photo:Tohru Yuasa
写真が一部行方不明のため、オフィシャル写真をご提供いただきました。



COSMETIC】の最新記事