てすと

トライアスロンにも登山にも対応するマルチスポーツウォッチ「GARMIN」 アンバサダーに道端カレン

なんでも揃う日本だけれども、なんでもNO.1といっているのは大きな間違い。あなたの知らないトップシェアが世界にはごろごろあるのです。

今日伺ったのは、世界中で数百万台のGPS機器を製造・販売しているGARMIN(ガーミン)の今後の展開やアンバサダーの発表会。

日本だとGO PROのようなアクションカメラのほうが知られているようですが、今回押していくのはマルチスポーツウォッチやライフログバンド。

日本ではまだまだ認知度が低いのですが、世界ではトップシェアを誇るそうです。

ブランドアンバサダーに道端カレンさんを起用。以前からGARMINの愛用者だったそうで、モデルとして、母しての役目を務めながら日々ハードなトレーニングに励んでいる姿がブランドが考える理想のユーザー像というのが起用の決め手だったようです。

トライアスロンの大会に何度も出場し、そのうえ優勝もしちゃっているというもはやモデルというよりアスリートな方です。

 

GARMINの5月中旬に発売されるモデル「ForeAthlete 935」はトライアスロンやウルトラマラソンにも対応するマルチスポーツウォッチという位置づけ。同梱されたRunning Dynamics Podを背面の腰の中央部に装着すると、ピッチやストライド幅、接地時間バランス、上下動、上下動比などを計測し、正しいランニングフォームを手に入れるためのヒントを提供してくれるそうな。

モードを切り替えることで、サイクリングやスイミングでも使えるメニューも充実。水中では距離、ペース、ストローク数などを計測できるようになっています。

そして、このモデルから搭載された気圧高度計により、正確な高度を提供。時計モードで最大2週間、GPSモードで最大21時間使え、標識が見えなくなる雪山でも便利だそうです。

スマートアクティブトラッカー「vivosmart(ヴィヴォスマート)」(5月下旬発売予定)や子供用の「vivofit jr.」(4月下旬発売)など、新モデルも続々と投入される模様。

vivosmartは全2色2サイズ 1万8334円(税抜き)
vivofit jr.は9241円。お手伝いをしたらポイントを親がスマートフォンで送り、それで昆虫を集めるなど面白いツールが入っています。対象年齢は10歳以下で、ゴムバンドに手を通して装着するタイプなので腕が太い10歳は残念ながら使えません。
広告には道端カレンさんの愛息も登場。

道端カレンさんのほかにも、ガーミンジャパン カテゴリーアンバサダーにはオーシャンアスリートでスタンドアップパドル(SUP)の選手である金子ケニーさん、JMGA 国際山岳ガイドでエベレストやマッターホルンなどの登頂経験があるプロ登山家で、エベレストなどの登頂をサポートする山岳ガイドでもある近藤謙司さん、プロのトレイルランナーの奥宮俊祐さん、マラソンランナーの八木勇樹さんを新たに起用。

発表会には4人も登壇し、それぞれの経験におけるGARMINがほかのスポーツウォッチとどう違うのかを語るトークショーも行われました。

トークショー終了後には、道端カレンさんを囲んで記念撮影。左から金子ケニーさん、近藤謙司さん、奥宮俊祐さん、八木勇樹さん

 

会場内には、各選手の愛用ギアと、GARMINも展示。

近藤謙司さんのギア。
金子ケニーさんの愛用ギアと、GARMINのFENIX 5

なんかお話を聞いていると、欲しくなってきたわ・・・。普段もつけられるモデルがいいなぁ。

 

GARMIN

http://www.garmin.co.jp/



FASHION】の最新記事