てすと

OYKOT WIEDEN+KENNEDY TOKYO:10 YEARS OF FUSION

昨夜は、クリエイティブエージェンシー「Wieden+Kennedy」の10周年記念の展示
「OYKOT WIEDEN+KENNEDY TOKYO:10 YEARS OF FUSION」のオープニングへいってきました。

いわゆる外資系のクリエイティブエージェンシーなのですが、「Fail Harder(激しく失敗しよう)」を本社に掲げているなど、面白い試みをやっているチームっぽい雰囲気のようですね。

以下、HPより。
The December 2008 exhibition at the ginza graphic gallery (ggg) is entitled “OYKOT WIEDEN+KENNEDY TOKYO: 10 YEARS OF FUSION.”

Wieden+Kennedy is an authentically independent and creative agency that strives tirelessly to “fail harder” (in the words posted at its Portland headquarters) on a global level.

This exhibition introduces the struggles (work) of Wieden+Kennedy Tokyo in the ten years since its foundation in 1998, during which time it has continued to defy the status quo from the perspective of “OYKOT”―a viewpoint derived from the fusion of diverse individualities and abilities.

Where do the ideas and creative passion for their advertisements and communications come from? How are the “work,” “people,” and “office” of W+K Tokyo being nurtured? In the cultural dynamism of urban Tokyo, what sort of people are making what sorts of things, how are they making them, and what will they create in the future? This exhibition looks back at the past ten years while simultaneously providing a vision of the future.

A range of daily events will also take place during the exhibition.

展示も、過去の業績を流すムービーや資料だけでなく
20081203_316367
「出る杭は打たれる」と釘で作ったアートや
20081203_316377
・・・なんだっけ。穴から覗き込むと、過去がうんちゃらかんちゃら・・・っていうムービーインスタレーション

が展示されています。
20081203_316366
会場にて、某代理店勤務のリーさん、久保田しゅうさん、きたもと。

展示は24日まで、銀座グラフィックギャラリーにて行われています。
詳しくは、http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/にて。

アフターパーティは、ちょっと離れた「砂漠の薔薇」にて。

ポールダンサーのショーがあったり、バーカウンターの上でセクシーなダンサーが踊ってたりするのですが
20081203_31638020081203_316368
その前でも名刺交換がおこなわれているあたり、会社がらみのイベントだなーってしみじみ。
20081203_316376

間に展示会のパーティにもいったので、この日は計5杯飲んじゃいました。。。
まぁ、6時間かけて、だからいいよね。。。



ART/DESIGN】の最新記事