てすと

【漫画】聖☆おにいさん

風邪で朦朧としているときに、小説を読んでも頭には全く入らないのに、なぜ漫画はOKなのでしょうか?
寝込んでいるといいながらも、食糧の調達(または栄養補給)にいかねばならぬ。そのついでについつい本屋に吸い込まれ、ついつい漫画を買ってしまう。子供のころに「本だったら何でも買ってあげる」と言われ、妹が生まれる前はりぼん・ひとみ・ちゃお・なかよしと小学生の女の子の憧れのふろく付き漫画雑誌に溺れたすりこみでしょうか。

しかし、一番下で7つは上の男3人兄弟の従兄が近くに住んでいたので、そのうちにいくと少年マンガ誌も網羅していました。「リングにかけろ!」や「エリア88」は顔の区別が子供にはつけられず、断念。「ジャンプ」からDr.スランプとか、読めるものだけ選んでたなぁ。

てなわけで、朦朧としながら買ったもののNo.1ヒットがこれ。聖☆おにいさん です。
聖☆おにいさん

世紀末も終わり、ちょっと暇になったブッダとイエスが地上にバカンスにやってきました。なぜか住むのは東京・立川のアパート。イエスが泳げなかったり、ブッダの額のしるし(ビンディ)は押すとひじょーに痛がったり、4コマ漫画のようなゆるい展開なストーリーです。
海外の映画を見ていても思うのですが、キリスト教の知識があったほうが楽しめる部分がちらほら。でも、知らなくてもじゅーぶん面白いですよ。



CULTURE】の最新記事