てすと

【試写】西の魔女が死んだ (サチ・パーカー、高橋真悠、りょう出演)

ロングセラー小説の映画化なのですが、私は原作読んでいません。タイトルは知っていたものの、勝手にミステリー小説と勘違いしていました。

「人の顔色をうかがって都合のいい自分を演じる」ことに違和感を感じ、やめたところクラスメートから疎外された少女。自ら学校へ行かない選択を母親に話したところ、しばらくおばあちゃんの家で過ごすことを勧められる。そこでおばあちゃんからそのまたおばあちゃんが魔女だった話を聞き、その力を鍛えるための修行の手ほどきを受ける。魔女修行を通して、少女とおばあちゃんの交流を描いた作品です。

おばあちゃんを演じるのは、サチ・パーカー。オスカー女優シャーリー・マクレーンの娘で、本名はサチコ。歳から12歳まで代々木上原で暮らしていたので、日本語は問題なく使えるようです。現在52歳ということで、役ではもう少し老けた演出をしています。ちょっと童話テイストでありながらも、いまの学校問題に自分のやり方で立ち向かおうとする少女の成長と痛みを描いた作品は、この夏に恵比寿ガーデンシネマ、シネスイッチ銀座ほか全国で公開されます。

出演:サチ・パーカー 高橋真悠 りょう 大森南朋 高橋克実 木村祐一
原作:梨木香歩(「西の魔女が死んだ」新潮文庫刊)
監督:長崎俊一/脚本:矢沢由美/長崎俊一
主題歌:手嶌 葵『虹』(ヤマハミュージックコミュニケーションズ)
音楽:トベタ・バジュン(サウンドスケープCD:Della)
2007年日本/1時間55分/ヴィスタサイズ/ドルビーSRD
http://nishimajo.com/

●過去ログの関連トピック●
【2008.04.17】ミスト(初夏、恵比寿ガーデンシネマ、シネスイッチ銀座ほか全国で公開)
【2008.04.14】庭から昇ったロケット雲(今夏、日比谷シャンテ シネ・シネマート新宿他全国順次公開予定)



CULTURE】の最新記事