てすと

日経ソフトウエア連載:快!えっ?duシネマ第12回「ザ・ムーン」

日経ソフトウエア12月号が発売になりました。連載「快!えっ?duシネマ」を1年間連載させていただいておりましたが、残念ながら今回が最終回になります。
日経ソフトウエア2008年12月号
最後の1本に選んだのは、「ザ・ムーン」(原題:IN THE SHADOW OF THE MOON)です。

アポロ計画の実現とそれに至るまでの悲劇、そして遺志を受け継いで実現したものたちが語る言葉の数々・・・
私のお気に入りは、「アポロ11号」のクルーで唯一人月に降り立たなかったマイク・コリンズ氏。地球でもなく、月でもない。ただ一人宇宙を漂い、その「孤独」を楽しんだという考え方にすごーく感銘を受けました拍手

以下、配給会社からのテキストより引用

それは奇跡の宇宙体験──

我々人類にとって月へ行くこと、そして地球に生きることの意義とは・・・。実際に月に赴いた宇宙飛行士たちの生の証言と、鮮やかに蘇ったNASA蔵出しの初映像で綴られる、感動の一大エンタテインメント! 「地球は、この広大な宇宙という砂漠に浮かんでいる奇跡のオアシスだったのだ」
1960年代。アメリカ合衆国は宇宙計画で、ソビエト連邦の後塵を拝していた。
ケネディ大統領の強い意志のもと人類初の 月着陸を目指してアポロ計画を発動させる。
全世界が 注目する中、9機のロケットが月へと飛び立ち12人が月面を歩いた。そして、いまだに地球外に立った人間は、この12人しかいない…
「ひとりの人間にとっては小さな一歩だが──人類にとっては大きな飛躍だ」

(c) Dox Productions Limited 2007. All rights reserved
提供:ロン・ハワード『アポロ13』/監督:デイヴィッド・シントン
出演:アポロ計画の宇宙飛行士達 バズ・オルドリン(11号)、ジム・ラヴェル(8号/ 13号)、ジーン・サーナン(10号/17号)他
2007年イギリス/フィルム4提供/DOXプロダクションズ製作/パッション・ピクチャーズ共同製作/カラー/ヴィスタサイズ/ドルビーデジタル/日本語字幕:林完治/字幕監修:阪本成一(宇宙航空研究開発機構)   配給:アスミック・エース
http://themoon.asmik-ace.co.jp/
2009年1月16日(金)TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー

予告編

JUGEMテーマ:映画

<今月号の内容の一部>
2008年12月号(2008年10月24日発売)
3大特集+付録DVD-ROM(Visual Studio 2008 Express Editions SP1)

特集1:プログラミングに必ず役立つ!
OSの役割と仕組み
OSの高機能化が進み,全体像を一気につかむのは大変ですが,最小構成の姿から進化の跡をたどることで今どきのOSもスムーズに理解できます。さらに,すぐに動かせる個性派OSの数々を通じて,多様化するOSの役割を実感してみましょう。
Part1 :OSの必要性と進化の歴史を理解する
Part2 :OSの基本構造と高機能を実現する最新技術
Part3 :仮想マシン・ソフトを活用して個性派OSを動かす

特集2:Visual Studio 2008
Service Pack 1
ここがスゴイ20 付録DVD連動!
Visual Studio 2008のService Pack 1が登場しました。開発ツールだけでなく,.NET Framework 3.5もSP1になり,さらにRDBMSもSQL Server 2008になりました。導入に向けて,日経ソフトウエアがDVD-ROMも付けて支援します。新機能の解説記事+最新の豪華ツールで,気持ちよくプログラムを書いてください。

特集3:人気の最新開発ツール
インストール徹底ガイド
プログラミング入門で大切なのは,開発ツールを使って実際にプログラムを書いてみることです! 今回紹介するのは,いずれも無償で使えるものばかりですが,優れた機能を備えています。「C/C++」「Java(JDK+Eclipse)」「PHP」「Ruby」の開発環境の導入と初めてのプログラミングをわかりやすく説明します。
——————————————————————————–

【特別付録DVD-ROM】
特集連動 Microsoft Visual Studio 2008 Express Editions
with Service Pack 1



WORKS】の最新記事