てすと

【Book】小太郎の左腕/和田竜

のぼうの城」「忍びの国」で文学作品での新たな時代劇ブームを牽引している和田竜氏の最新作「小太郎の左腕」を読了。

小太郎の左腕/和田竜

奥付に記載されている初版が2009年11月2日だから、約半年前に刊行された作品ですね。
これでもまだ早い方かもしれません。「1Q84」の3巻に手を付けられるのはいつのことやら…

前2作は史実に基づいて執筆された作品でしたが、今回の「小太郎の左腕」は完全オリジナルのようです。
映画化を想定したかのような作品は、非常にスピーディな展開。

小太郎という少し心は弱いけれども、左利きの火縄銃の達人の少年がその技術を持つがゆえに争いの道具に使われ、翻弄されるというのが大筋。
そこに、和田氏お得意のキャラが立った武将の生きざまがからみあってきます。

完全オリジナルということで、史実にしばられない分よりドラマチックに描けるし、描いているのと思うのですが・・・

史実が元になった作品のほうがぐっときますね。
「事実は小説より奇なり」。
そんな言葉がよぎったのでした。

「忍びの国」はまだ読んでいないのですが、Amazonでの「小太郎の左腕」を読んだ方のレビューによると、こちらの方が好評なようですね。

【本についての関連トピックス】
●【Book】節約の作法/丸山晴美(節約アドバイザー)(2010.04.16 Friday)
●道端ジェシカ「JESSICA’S SECRET 」発売決定&サイン会(2010.04.01 Thursday)
●【Book】堕落する高級ブランド/ダナ・トーマス(2010.02.09 Tuesday)
●【Book】ライオンのクリスチャン―都会育ちのライオンとアフリカで再会するまで /アンソニー・バーク、 ジョン・レンダル(2010.02.05 Friday)
●【Book】46年目の光―視力を取り戻した男の奇跡の人生/ロバート・カーソン(2010.01.18 Monday)



CULTURE】の最新記事