てすと

サランラップの「サラン」の由来

サランラップの「サラン」の由来。

もともと第二次世界大戦の弾薬の輸送用に使われていたラップ。

しかし、戦争終了後、用途がなくなってことで売り上げ減に。
そんなある日、開発者2人が皆とピクニックに行った際、それぞれの妻がレタスをラップにくるんで持っていったところ、一緒にいった人から「どこで買ったの?」と話題に。

そこで一般家庭向けに開発しなおして販売。

その妻たちの名前「サラ」と「アン」からとって

サランラップになったそうです。

<日本テレビPON!より>



TIPS】の最新記事