てすと

アルチザン・ショコラティエ「フランソワ・プラリュ」来日 プライベート・ショコラテイスティング(前編)

少し前の出来事を遅れてのご報告。。。

なんと、大・大・大好きなショコラティエ、フランソワ・プラリュさんを囲むプライベート・ショコラテイスティングの会に出席してきました。

20110920_935790

会場は、ハイアット・リージェンシー東京にあるキュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ

20110920_935779
実はフランソワさん、ミッシェル・トロワグロさんと幼馴染。

いつかここで何かできれば…という話もあがっていました。

さて、フランソワ・プラリュ氏といえば、産地ごとのチョコレートのタブレット。
10の産地それぞれのタブレットを組み合わせた「ピラミッド」は、その代名詞的アイテムです。

20110920_935789

産地ごとにチョコレートを生み出す「ピュア・オリジン」にこだわり、世界中のカカオ豆の産地をめぐり、それぞれの個性を生かしたショコラを誕生させました。

これについてフランソワさんは

「誰もブルゴーニュのワインとボルドーのワインを混ぜないですよね」

と指摘。ワインとショコラは似ていると語りました。

そして本当に美味しいショコラを求め、世界中の生産者を大小問わず訪ねるなかで、どうしても自分で育ててみたいと考え、ついに自分の農園を持つことに。

選んだ地は、マダガスカル

20110920_935781

イランイランやバニラが咲き乱れ、Il au perfume(香水の島)と呼ばれるほど島自体が芳しいこの地の原生林を買取、カカオの気を仕込んだのが2007年のこと。

17ヘクタールのカカオの木は、2011年の今年、8月中旬から収穫できるようになったそうです。

たい肥には牛のふんを使用。

島で放牧されている牛のふんを回収する人からふんを買取り、それを発酵。

20110920_935782

この農園では、電動のものは一切使用していません。
島でのトラックは、牛。
この写真は、牛を買ったときに「買ったよ~!」と記念に撮ったものだそうです。

20110920_935783

自ら「ショコラ界のインディ・ジョーンズと呼ばれている」とおっしゃるのも納得!

20110920_935825
この「マダガスカル支社」では太陽光発電を活用。

この写真は、太陽光発電で地下水を汲み上げるタワー。

原生林よりも高く設置することで、自然を損なうことないよう配慮されています。

さて、後編ではプラリュ氏の最新ショコラのレポートをお届けします! 後ほど~♪

フランソワ・プラリュ
http://www.chocolats-pralus.com/jp/francois-pralus.html



FOOD】の最新記事