てすと

平安の世の姿を取り戻した平等院鳳凰堂で2014年にサヨウナラ

2014年を締めくくる12月31日。みなさんはどのように過ごしましたか?

私は妹と一緒に祖父母と両親のお墓を掃除したのち、足を延ばして京都・宇治へ。

20150104_725350

10円玉の表のデザインでは何億回も見ている、平等院鳳凰堂に行ってきました。

関西出身だと遠足などで行っている人もいるのですが、私はなぜか東大寺が保育園から中学までコンボ状態。

初めての平等院鳳凰堂はとても心動かされる場所でした。京都市内からはちょっと時間はかかりますが、ぜひ訪れてほしい京都の名所。

そもそも平等院の成り立ちは権勢を誇ったことで知られる貴族・藤原道長の別荘で、それを息子である関白藤原頼通が寺院に改め再建したのが1052年のこと。

その際、頼通はここを阿弥陀如来の住まいとし、巨大な阿弥陀如来像を安置するためのお堂を建設。それが、10円玉の表に描かれている平等院鳳凰堂です。

当時と同じ顔料の朱色で彩色され、工事の囲いも取り払われたいまは、絶好の拝観タイミング。

20150104_725352

平等院鳳凰堂の内部への拝観には、別途「平等院鳳凰堂内部拝観券」(300円)の購入が必要です。

でもこれをケチってはいけません。

中に入らずに帰るのは、海外旅行に行っておいて現地の空港だけで強制送還されるようなものです。

20150104_725356

しかし、この拝観にはルールがあります。一度に入れる人数が決まっているため、このチケットをまず入手すること。

20150104_725355

チケットは、表門から入って右側の東屋にて。私の場合は1時間半後の時間でした。

その待ち時間の間に、最勝院や展示品やCGによる説明が見られる鳳翔館で時間をつぶしましょう。鳳翔館にはミュージアムグッズのようなコーナーになっていて、鳳凰や阿弥陀様をモチーフにしたものや、お守りやお札が販売されています。お守りは、先の鳳凰堂拝観のチケットを売っている東屋でも購入できます。

鳳凰堂の内部は撮影不可だったので、外からの様子をば。

20150104_725351

写真、傾いてますね・・・。

正面の戸の上のところがまあるくあけられていて、そこからお顔を垣間見ることはできます。説明の担当者の方によるとベスト撮影ポイントは柳のところらしいのですが、これがなかなか難しい・・・

平等院は位置づけとしては寺院ですが、どこの宗派にも属していないって知っていました?

同じ敷地内にある天台宗系の最勝院と浄土宗の浄土院で管理されています。これまた特殊事例ですね。

20150104_725354

鳳凰堂では阿弥陀像の後ろに楽器を弾いたり舞を踊ったりする「雲中供養菩薩像」が52体いるのですが、うち26体はダミーで、本物は鳳翔館にて間近で見ることができます。でも、これがいいことなのかどうか・・・全部中に置いたほうが、本来の意味を成すと思うのですが。

これは、「雲中供養菩薩像」トランプ500円なり。買わなかったけどね。

20150104_725353

2014年に出会ったすべての人、出来事に感謝を。

平等院
http://www.byodoin.or.jp/

【これまでにアップした神社仏閣カテゴリのトピックス】
●今宮神社 Imamiya Shrine(2013.01.06 Sunday)
●下鴨神社(下賀茂神社)へ初詣(2013.01.02 Wednesday)
●大鳥神社の酉の市(2012.11.21 Wednesday)
●下鴨神社の休憩所「さるや」でお雑煮/It’s worth going again to shimogamo-shrine “saruya” to only eat.(2012.01.03 Tuesday)
●南禅寺 Nanzenji-Temple(2009.08.18 Tuesday)
●下鴨神社の納涼古本市(2009.08.16 Sunday)
●知恩寺の手作り市(2009.08.15 Saturday)
●伊勢神宮 内宮/Ise jingu,Naiku(2009.08.05 Wednesday)
●伊勢神宮 外宮/Ise jingu,Geku(2009.08.04 Tuesday)
●高台寺/Kodaiji-Temple(2009.07.24 Friday)



TRAVEL】の最新記事