てすと

KENZO x H&Mのコレクションの一部を初公開!

例年話題になるH&Mと著名ブランドやデザイナーとのコラボレーション。この秋がKENZOとなったことは既報ですが、ようやくその一部が明らかになりました。

 

今回公になったのは、KENZO x H&Mから3つのデザイン。高田賢三氏がデザイナーの頃からの特徴であるプリント、カラーそして個性に溢れたルック。

ルックブックのモデルには、さまざまアーティスト、若いクリエイティブ集団や、活動家、そしてKENZO x H&Mのアンバサダー達を撮影。

 

Look book KENZO x H&M (1)

AMY SALL(エイミー・サール)(ニューヨーク在住の学生、活動家、SUNU:アフリカの時事ジャーナル、クリティカル・シンキングと美学的思想の創設者)、そしてJULIANA HUXTABLE(ジュリアナ・ハクスタブル)(ニューヨーク在住、28歳アーティスト、詩人、DJ)

共にタイガープリントのロールネックトップスにハイウエストレギンスを合わせ、ピンクのラバープリントのロゴ付レザーグローブとジャカード織のタイガーソックスシャフトブーツをコーディネートしています。

 

Look book KENZO x H&M (3)

ISAMAYA FFRENCH(イサマヤ・フレンチ):ロンドンをベースとするメイクアップアーティストで、ダンサー、ミュージシャン、デザイナー、パフォーマーで構成される『テオ・アダムス・カンパニー』の一人

ピンクのフェイクムートン裏地のオーバーサイズのレザージャケットに、タイガープリントのロールネックトップスにハイウエストレギンスをコーディネートしています。

 

Look book KENZO x H&M (2)

OKO EBOMBO(オコー・エコンボー):パリをベースに活動するミュージシャン、パフォーマンス・アーティストでバンド『19』の顔

取り外し可能なプリントの襟付きパーカー、カラーブロックのタイガープリントのジーンズ、そして足袋ソックスにサンダルを合わせています。オコーはさらに、スカーフ付のタイガープリントのキャップ、編地のプリントスカーフ、そして同じくタイガープリントのショルダーバッグをコーディネートしています。

フォトグラファー:Oliver Hadlee Pearch (オリバー・ハドリー・パーチ) 

 

このコレクションは11月3日より世界の限定250以上のストア、そしてオンラインにて発売されます。



FASHION】の最新記事