てすと

椎名林檎とトータス松本が銀座中央通りで踊る! GINZA SIXスペシャルムービー「メインストリート」篇

2017 年 4 月 20 日(木)に世界に新しいラグジュアリーを発信する拠点として開業する銀座最大の商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」。

そのオープニングのワクワク感が詰め込まれたスペシャルムービー「メインストリート」篇(15 秒・90 秒)を、4 月 17 日(月)から順次公開されます。

このスペシャルムービーに込められているのは、銀座を「世界のGINZA」へという想い。

日本を代表する街・銀座の最大の商業施設として開業する「GINZA SIX」。新しい時代に向けて生まれ変わる銀座の街が一体となって、これからの世界が求める新たな価値「NEW LUXURY(ニュー ラグジュアリー)」を発信していきたい。

今回銀座のテーマソングとしてスペシャルムービーに使われているのは、椎名林檎さんの『目抜き通り』。

これまでにも『歌舞伎町の女王』や『丸の内サディスティック』など、東京の街を舞台にした楽曲を送り出してきた椎名林檎さんが、このムービーのために書き下ろした楽曲です。

「お互いに何者なのかもわからない人々が日本中から集う場所でありながら、誰もがワクワクして、気分が高揚する粋な街・銀座」の魅力を歌うにあたり、椎名林檎さんから、トータス松本さんにデュエットをオファー。トータス松本さんはすぐに快諾し、銀座が生まれ変わる、その象徴となる「銀座のテーマソング」が完成したそうです。

 

今回のスペシャルムービーの監督を務めたのは児玉裕一さん。世界三大広告賞でグランプリを受賞するなど数々の CM や椎名さんの PV 制作など、多くの映像作品を手掛けてきた人物です。ちらっと現れるサブキャストも豪華です。例えば銀座の目抜き通りで演奏するオーケストラの指揮者は、作編曲家の斎藤ネコさん。5 人組ジャズバンドSOIL&”PIMP”SESSIONS ドラマーのみどりんさんや、トロンボーン奏者の村田陽一さん、トランペット奏者の西村浩二さんなどが実際に楽器を持って登場しています。またダンスシーンの振り付けは ブラジルのリオ五輪の閉会式でのダンスや、Perfume などの振付で世界を舞台に活躍する MIKIKO さんが担当。少女時代を完コピした「遠藤時代」で話題になったえんどぅさんも発見。

 

 

タイトル: 目抜き通り

歌:椎名林檎とトータス松本

作詞・作曲:椎名林檎

編曲:斎藤ネコ

配信日:2017年4月20日(木)

発売:EMI Records/UNIVERSAL MUSIC

 

<制作スタッフ>

広告会社 電通

制作会社 電通クリエーティブ X

ECD 古川裕也

CD 塚田由佳

CD+PL 東畑幸多

PL 菅野薫

CW 太田恵美、スコット・レーマン

コミュニケーションデザイナー 仁藤安久

AP 柳下祐介

プロデューサー 春田寛子

プロダクションマネージャー 藤井昭嘉、佐藤裕一

演出 児玉裕一

撮影 越後祐太

照明 尾池将成

美術 杉本亮

振付 MIKIKO

スタイリスト 青木千加子(椎名林檎)、堀井香苗(トータス松本)杉山まゆみ、増田実茄

ヘアメイク 小西神士(椎名林檎)、田中大作(トータス松本) 、主代美樹

アーティストマネージメント 佐藤俊行(椎名林檎)、勝田淳巳(トータス松本)



ART/DESIGN】の最新記事