てすと

tomboy:Super Star

11月14日に発売のソニン&大沢あかねのスペシャルユニット「tomboy」のシングル「Superstar(DVD付)」のPVを見ました。

tomboy
雰囲気は、2人いる倖田來未の「Butterfly」な雰囲気。学校で、ちょっと胸明けた衣装で踊るというぐらいの共通ですが。(「Butterfly」の倖田來未は先生風だったけど、今回のは生徒?)

大沢あかねちゃんは取材でお目にかかったことがあるのですが、可愛いし髪きれいでした。そのことで、髪を短くするのをやめたっけ・・・。すごくきれいに巻いていて、自分にできるはずもないのに「女はやっぱロングっしょ!」と思ったのでした。ええ、何歳違うんだって話ですがね(笑)。

この曲は、韓国のアーティストJewelryのカバーだそうです。こっちは2人だけど、あっちは4人グループ。お姉さんの雰囲気のPVです。日本だとGIZA STUDIO所属なのね。
この曲を作ったパク・クンテが韓国人の作曲家として初めて日本のレーベルと契約した人らしい。その曲のカバーをavexから出す・・・権利とかぐるぐるしてそうです。

韓国の携帯電話ブランドで「Anycall」というサムソンが出しているものがあるのですが、そのCMシリーズのうち「Anymotion」の曲がパク・クンテによるものでした。

これは3分半Ver.だけど、7分Ver.もあり。出演はイ・ヒョリと神話のエリックという韓国で大人気のアーティストでこれまたお金かかってます。

本題に戻って、本家「SuperStar」。オリジナルの作詞はこれまた神話のイ・ミヌ。

2006年発売のヒット曲です。
ダンスは日本Verの方が私は好きです。

で、tomboyのPVはこれからがんがん流れるでしょうから、それで見てください(笑)

DJ OZMAに続いて、韓国アーティストのカバーは当たるでしょうか? ダンス指導DVD付きってのがみそですね。途中に台詞がはいっているなど、年末の忘年会とかで披露できればカッコいいでしょうね。



CULTURE】の最新記事