てすと

2月の試写報告(途中経過)

●2月29日更新
告発のとき

アカデミー賞受賞経験者が主演から助演まで勢揃いのキャスト陣がこれまた「クラッシュ」で受賞済みのポール・ハギスの監督・脚本で見せる、イラク帰還兵の闇。
本年度のアカデミー賞でも主演男優賞にトミー・リー・ジョーンズがノミネートされていました。
原題の「In The Valley of Elah」(エラの谷)というのは、旧約聖書の中に書かれているダビデとゴリアテの戦った場所のこと。詳しいことは映画の中で、トミー・リー・ジョーンズがいい感じに説明してくれます。
初夏、全国公開予定です。
http://www.kokuhatsu.jp/

脇役にも若手の美形がちらっとだけ出てたり、個性派俳優から、「えっ、こうなっちゃったの?」って人まで。ジョシュ・ブローリン、きてますね! えっ?誰?って方に説明しよう。「グーニーズ」の一番年長だったバンダナ野郎ですよ。
「ノーカントリー」の試写にいけなかったので、主役節ではどうなるのか気になります。

●2月22日更新
燃えよ!ピンポン

昔はピンポンの神童と呼ばれた男ランディ。ある試合を最後に、「ディズニーランドに行きたい」という言葉を残し、卓球界から姿を消した。そして19年後。世界各国から選ばれし者だけを集めた裏の卓球世界大会に出場すべく、FBIのエージェントに選ばれたものの、時の流れとともに彼の技術はメタボロ・・・。そこで伝説の男に弟子入りし、修行をして、大会に臨むことに。

大ヒット映画「ナイト・ミュージアム」の制作陣による、コメディ作品です。
調べてみると、高田聖子主演で同名の映画があったようです。残念ながら未見ですが・・・
3月22日(土)より、日比谷みゆき座他にて全国ロードショー
http://www.moe-pin.com/

●2月13日更新
ブラックサイト

ダイアン・レイン主演のネットを使った殺人を追うサスペンススリラー作品。殺人の方法を設定するのは犯人だけど、ボタンを押すのはネットへのアクセスしたユーザー数に応じてというのがリアルだわ。ダイアン・レインがシングルマザーを髪を切って演じています。ジョディ・フォスターのおはこ設定ですね。
4月から渋谷東急ほか全国ロードショー。
原題は「UNTRACEABLE」

日本のソニーピクチャーズのHPにはまだ記載なし。
アメリカのHP http://www.sonypictures.com/movies/untraceable/
アメリカ版trailer

●2月11日更新
パリ、恋人たちの2日間

ジュリー・デルピー監督・脚本・主演のラブコメディー。フランスの恋人や友達がいたり、フランス人と生活を共にしたことがある人ならばもう一つ多く笑えること間違いなし。恋愛に対するあけっぴろげさや、家族間でもばしばしキツイ言葉が飛び交い、議論することを楽しむ文化にカルチャーショックを受けるアメリカ人の恋人。
アメリカの雑誌ヴィレッジ・ボイスで「ウディ・アレンとダイアン・キートンのようだ」(『アニー・ホール』のね。)といわれていたみたいだけど、まさにそんな感じ。言葉のやりとりにくすくす笑えます。
ジュリー・デルピーは『恋人までの距離<ディスタンス>』(→のちに『ビフォア・サンライズ』にDVDではタイトル変更)の続編『ビフォア・サンセット』でもアカデミー脚本賞にノミネートされてますが、会話劇がうまい。
2008年夏、恵比寿ガーデンシネマで公開されます。

日本でのHP http://www.paris-2days.com/←って資料には書いてるけどまだオープンしてないみたい(2月11日時点)
アメリカHP http://www.2daysinparisthefilm.com/



CULTURE】の最新記事