てすと

【漫画】西村しのぶ『ライン』に癒される

ひさびさに、発売日に本屋に走りました。プライム会員になってんだから、amazonでいいやないけ!というあなた。amazonはいざ、ってときでいいんですよ。近所の本屋をつぶさないためにも、ちゃんと日々貢献しなくてはですよん。

で、買ったのはこれ。西村しのぶ御大の『ライン』4巻です。
ライン4巻

3巻は、2002年初版でした。。。なんと6年ぶりびっくりですよ! 『一緒に遭難したいひと』が復活してきたり、『アルコール』が始まったりと、あいかわらずの自由な感じの御大が、『サードガール』以来の、片手(5巻)オーバーの連続モノになろうとしています。って、次は何年後なのやら・・・。この4巻も、amazonに発売と出たのは2006年7月の予定でしたが、ご本人が怪我をされたりで、それから2年遅れでございます。いいの、ちゃんと出たんだからそれで!

離婚歴のある素敵な女性と、最近は死滅しつつあるロンゲの彼のお話は、さすが1990年代にスタートしただけある設定ですが、ちゃんとお話はオンタイムになってるので違和感なく読めます。これと『のだめカンタービレ』のためだけに、『Kiss』をコンビニで立ち読みしております(ええ、タマにですが、もちろん買うこともありますよ・・・)

いま某企画のために女性向け漫画を全方位に読んでいるのですが、いやあ、すごいですね。大人の漫画が人気って、前出の『Kiss』とか映画化も決まった一条ゆかり先生の『プライド』が連載中の『コーラス』、一昨年ドラマ化された『サプリ』や今注目の『うさぎドロップ』が載ってる『FEEL YOUNG』(通称フィーヤン)あたりでは知ってたけど、いまやすごいことになっております。分布図とか作ってみたいっす。

そこまではいいだろうと思ってスルーしたのですが、「増刊 主婦が目撃! 色ボケ女の赤っ恥スキャンダル」とか「月刊 本当にあった主婦の体験」なんて雑誌が存在するんですよ。。。

「月刊 本当にあった主婦の体験」の特集タイトルは
「しみったれ女の祭典! 特集不幸オリンピック」

いやいや、世の中には私には未知のニーズがまだまだあるんですね。。。

そんなドロドロとは対極にある、西村しのぶスタイルの漫画で、デトックス。
いまの私は、P90のボロボロ状態。明日は自由が丘、明後日は表参道でリセットしてきます!

>担当の皆様
仕事は夜ちゃんとしますよー。メンテナンスのみなんで、外で暴れません。



CULTURE】の最新記事