てすと

Art Fair TOKYO2011/アートフェア東京 2011

木曜日の夜は、MARC JACOBSのパーティからいそいでアートフェア東京 2011のプレビューへ。
友達がこのイベントの主催者の方と仲が良いということで誘ってもらいました。

20110730_904660

開催自体は金曜日から日曜までの3日間なのですが、招待者とプレス向けには事前にお披露目されるのです。
そして、さらに最上顧客には16時から別枠が用意されているというVIPっぷり。

招待者は各ギャラリーの顧客。よって、私が到着した時点ですでにいくつかの作品には「売約済」マークがついていました。

本来ならば例年通り春に開催される予定が、ここまで延期に。それでも、無事に開催されたことを喜びたいと思います。

延期開催ながら、133のギャラリーが集結した興味深い作品が揃っています。

また、知らないギャラリーとの出会いも一興。日曜日まで開催しています。

Lゾーンの作品のみですが、印象に残ったものをピックアップ。

L06:GALLERY TERRA TOKYO

こちらでは、京都在住の苅谷昌江さんの作品を展示中。

20110730_904636

彼女の作品群はさまざまな境界線を曖昧にし、内と外、過去と現在、そして未来を1枚の絵のなかに表現しています。

この作品「一万年前の意万年後」では、自画像にプリミティブなネックレスを身につけさせています。

首にかけているのは、人骨ではなく、日本のキャラクターたちの頭。

GALLERY TERRA TOKYOは、先日遊びに行ったOnE Drop Cafeの近くみたいなので、今度ギャラリーにも寄ってみたいと思います。

L13:YOD Gallery

大阪のギャラリーも参加しています。

新野洋さんの作品は、自然にあるものをモチーフに樹脂で再現し、それを再構築して昆虫を作ってしまうというもの。

20110730_904638
20110730_904637

L13:YOD Gallery

gallery Nは名古屋からの参加。

伊能一三さんの「へいわののりもの」を展示しています。

子供が乗るおもちゃの動物を漆で仕上げた作品です。触ってみたくなるよね

20110730_90463920110730_904640

展示ブースにはアーティスト本人が在廊している場合もあるので、積極的に話をしてみるのもおすすめです。

【ART関連のトピックス】
●OKA NAOYA from KOBE Tokyo Showroom NEW OPEN and EXHIBITION()
●IMPOSSIBLE vol.3  ホンマタカシ×水原希子 「about a girl」@IMPOSSIBLE PROJECT SPACE TOKYO(2011.07.23 Saturday)
●I, Tominaga #sakuramovement ~keep moving, keep supporting~(2011.07.02 Saturday)
●40年ぶりに『着衣のマハ』がやってくる! 【プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影】展@国立西洋美術館 記者会見(2011.06.16 Thursday)



ART/DESIGN】の最新記事