てすと

初めてのモトクロスレース観戦体験【2 バイクが空を舞う! 全日本モトクロス選手権】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いよいよ、全日本モトクロス選手権の観戦です。さきほどのコントロールタワーがあるエリアからはまた離れていて、車で移動。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アスファルトに舗装されたコースから一転、急斜面と細かいカーブが続くモトクロスレース場です。

この日は全日本モトクロス第9戦が行われ、年間チャンピオンが決定するとあってかなりの観客が集まっていました。

レース観戦は、予選の1日目と本戦の2日目の2日間通し券で4000円。

img_1286

途中の順位はスマートフォンでチェックできるようになっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

以前に観戦したバイクレースに比べるとコンパクトなレース会場に、家族連れがたくさん訪れていて、隅の方にはテントを張って観戦している一団もいたり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中央のラップや順位がわかる電光掲示板。視覚的にはこれしかないので、自分好みの場所から観戦しようと移動すると、やはりスマートフォンでの情報提供は必要でした。

スタートラインは予選の順位で好きな位置を選んでいくそうです。コースや選手の好みによって「いい場所」が違ってくるのが自然環境をベースにしたモトクロスレースの特徴の1つ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

我々はレディースクラスから観戦。

スタート前はこんなかんじ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひとつのチェックポイントが「KYB」という看板の前。

ジャンプして攻略するところでは実況の方の「KYB~」という声が響き渡ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このレースは2位から5位が混戦模様でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

急な坂道をフルスロットルで登っていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

IA1クラスのレースに続きます。



CULTURE】の最新記事