てすと

【Topics】「マフィア殺人事件観光マップ」、ナポリの学生らが作製

AFPBB News
2008年03月03日 20:37
【3月3日 AFP】イタリア南部ナポリ(Naples)の美術学生らが、地元マフィア「カモラ(Camorra)」による近年の殺人事件の現場を記した「観光マップ」を作製し、同市のマフィアの激しい抗争が浮き……
≫続きを読む

「声」の上げ方にはいろんな方法がある。

まずは、古来からある「一揆」に代表される、集団決起もの。
「唐傘連判状」から「署名活動」まで、氏名を書いたものを集めて、「これだけの声がある」と訴えるカタチ。
小説や映画だと、とらえた悪者のおでこに悪事を暴いた紙を貼り付けてさらしものにするってのもありますねぇ。
近年ならば、ネットの掲示板やコミュニティで発言して、賛同者を集めるのがそーなのかな。

犯罪の起きた地域の観光マップ化、ってのはおもしろい。そう思うと、京都の歴史地図ってある意味1200年分の犯罪マップです。鹿ケ谷から、寺田屋とか池田屋、蛤御門に衣かけの道。
警察が発表する犯罪情報も、使いようによってはこうなるんだね。インフォメーションセンターなんかに置いたら、「ここには行かないように」という警告になるので、近辺の観光スポットにとってはつらいことかもしれないけど・・・

さて、経過はどうやって調べようか? イタリア語わからんです。わかる人ヘルプミー



TIPS】の最新記事