てすと

artek+marimekko[Be Honest! 次世代へのタイムレスデザイン]Reception

続き・・・と書いてから数日経ってしまいましたが。

Burtonのあとには、同じく青山のスパイラルで開催のartek+marimekko展覧会のオープニングへ。残念ながらデザイントークには間に合わなかったけど、展示をさくっとみて、原稿がまだまだ佳境のため早足で失礼したのでした。
最近引きこもりだったので誰かに会えればな~と思っていたら、リアル・フリートの鈴木さんには会えました。今日もまた可愛い格好で・・・(写真撮ればよかった!)

DVC00009.JPGDVC00010.JPG
一番奥の吹き抜け部分には、アルテックの「Stool 60」がうず高く積まれております。酔っぱらいが激突しないように、スタッフが見張っておりました。

展覧会では、アーティストがStool60をキャンバスに、絵を描いてみたり、新たなデザインを施したりと様々な試みを行ったものが展示されています。
参加アーティストは、坂茂、トム・ディクソン(Tom Dixon)、グルーヴィジョンズ、アウヴァ・グリクセン&クラウス・ヌークイスト、ハッリ・コスキネン、真喜志奈美、皆川明、中村哲也、カティヤ・トゥキアイネン、モノクル(MONOCLE。アーティスト名ではなく、雑誌ですね)、武松幸治。

9月23日まで青山のスパイラルビルにて開催中です。
詳しくは、以下のwebにて。
http://www.spiral.co.jp/e_schedule/2008/09/be-honest-artek-marimekko.html



FASHION】の最新記事