てすと

【Book】パラドックス13/東野圭吾

今年の8月は実家滞在日数が多く、予定がない日はDVDで「デクスター」のシーズン1を見るか、本を読んでいました。

7月31日の伊勢旅行の移動中から宿で時間があるときに読んだのがこれ。
パラドックス13
東野圭吾

パラドックス13/東野圭吾

「探偵ガリレオ」シリーズなどで人気の東野圭吾のちょっとSFテイストの作品です。

ドラマ版しか見ていないのであくまでもそのイメージなのですが、トリップ理由が違う「漂流教室」でしたね。

人気作家だけに物語の引っ張る力は強いんだけど、引っ張られながら

「出てくるのは全部わかってるの! 行ってもいいけど出たら『やっぱりね』って言っちゃうよ~」
とあまり期待しないまま読みすすめる。

いうなれば、全部仕掛けを知っているお化け屋敷に入ったような気分ですね。

で、読み終わってみると、知っているお化け屋敷でも多少はドキドキするよね。そうですかー、お疲れ様っと終了。

というわけで、誰かに薦めるかというと・・・しょんぼり

【最近アップしたBookリスト】
●ヤバい社会学/スディール・ヴェンカテッシュ(2009.07.22 Wednesday)
●赤めだか/立川談春(2009.05.20) Wednesday)
●ガリレオの苦悩/東野圭吾(2009.04.02 Thursday)



CULTURE】の最新記事