てすと

「551」は人を引き寄せる魔法のナンバー 豚饅の匂いテロにはご用心♪

昨日は弾丸で現地2時間の日帰り出張でした。

その帰り道、経由地の京都駅で立ち寄らずにいられなかった、「551の蓬莱」。

関西一円が出身地の人ならば、この言葉を口ずさまずにいられまい。

「551があるとき~ ないとき~」

 

 

私は親戚の家が551蓬莱の本店をはじめ7店舗もあるなんばにあったこともあり、幼少時から551蓬莱は定番の「おいしいもん」でした。

(実家の近くにも1店舗あります)

そんなわけで、京都駅から新幹線に乗る前にはふらふら~と買ってしまうんです。関東では食べられない恋しい味。

 

お正月は京都高島屋の地下で買ったので、京都駅店には約1年ぶり。なんだかインバウンド仕様になって、英語表記のほうが大きいお店にリニューアルしていました。

私の前に並んでいたのも、インドネシアなどの東南アジアっぽい方でした。

そして、知らなかったよこんなグッズ!「551オリジナルレンジセイロ」(550円)ですって。

 

551の豚まんって、お皿にお箸を敷いて、水を少し入れた状態でラップをして、蒸した状態にして食べるだけなのに・・・1個用のこんな道具が登場する時代になったとは!

今回は豚饅は自宅用にし、新幹線のなかでは黒酢団子。10個も入って300円って安いわ~。

実は通信販売もあるのですが、商品の価格が高め設定&送料がかかるってことで「安くてうまい」豚饅じゃなくなってるのも残念。

 

しかし、まだまだこのおいしさを知らない関東在住の人が多いという事実を知り、調べました。

なんと、4月22日から5月7日まで、西武池袋に期間限定出店中ですってよ!

なんてタイムリーなのかしらん。まだ食べたことがない人はぜひに!京都駅前でもこの行列なので、待つのは基本。行列が嫌いな大阪人も、551蓬莱の行列ならば待つことを厭わないという点でも、美味しいことはご理解いただけるかと。(とはいえスタッフのスピードも半端ない)

このほか、新潟や博多、金沢にも5月中に期間限定出店するようです。詳しくはホームページの催事予定をご確認ください。

 

あ、くれぐれも「豚饅(まん)」であって、「肉まん」ではないのでよろしゅう。

 



FOOD】の最新記事